BLOG

2019/03/26 08:00

こんにちは

ボンボンヒップの、木脇です。


今回は、少し長めのブログです。価値とこだわりを書き綴りました。




【ボンボンヒップを購入する10の理由】


ボンボンヒップには、購入する価値があるその10の理由を解説します。ドレスのずれを防ぐ商品は他にもあります。それらの商品にするか?ボンボンヒップにするか?悩んでいる方の、迷っている企業の背中を一押しすることが出来るための記事を書きます。祈りながら、願いながら。







1.ボンボンヒップは、現場を熟知したブライダルスタイリストがつくった製品



ブライダル衣裳店にて、ブライダルコスチュームにかかわりつづけて30年のキャリアが作った製品です。現場を熟知している事が製品づくりの全てに活かされています。デザイン、素材、縫製、サイズ、フォルム、価格、機能性、耐久性、利便性、汎用性、常用性、ネーミング、サポートアイテム、これらは、「花嫁さまにとって」「ブライダル現場にとって」「ブライダル美容師にとって」「ドレススタイリストにとって」より良き最善のものとして扱われ、重宝され役に立つために、6ヶ月間、日々追及し、こだわり続けて製品化しました。2018年7月、一部仕様変更12パターン目です。




2.ボンボンヒップは、とても軽量である



使用している素材、すべり止め、ハードチュール、テープ、マジックテープ、ゴム、Zカン全て、軽量であることにこだわりました。ブライダルインナーの上に着けるので、体への違和感をできるだけ少なく済むように考えました。素材の量を減らさずに、ボリュームを出すための工夫としてハードチュールを使い、厚みと強度を併せ持つことができました。テープ、マジックテープ、Zカンは、軽さと強度にこだわり、ゴムは柔らかさも追求しました。







3.ボンボンヒップは、ドレスを理想のウエストでキープできる



選んだ運命の一着が美しく身体に添うために、理想とするウエスト位置にて、ボンボンヒップのウエストベルトを止めます。ウエストベルトへ、パットを着けることで、身体に添った理想のウエスト位置をキープできます。(ウエスト:両腕を下して、肘を直角にまげて前に出す。その時の肘の位置がウエストです。)







4.ボンボンヒップは、胸元の締め付けがなくなる



ドレスは、ウエストで留めて、腰で着るのが着つけの基本です。ボンボンヒップは、着つけの基本に添った考えにて製品化しました。ウエストで留めて、腰で着ることにより、胸元を締める必要はまったくありません。胸元は、息が普段通りにできるゆとりが必要です。そのゆとりにて、胸骨が開きデコルテが輝きます。婚礼の現場にて、ドレスがずれないために、きつめに補正をして、ぎゅうぎゅうに着付けをする状況がよくあります。また、「ドレスは胸で着る(留める)」など間違った着付けが多くあります。これを払しょくするためにも、婚礼の現場にはボンボンヒップが必要です。




5.ボンボンヒップは、トレーンが長いドレスを楽に着こなせる



ボンボンヒップを、理想のウエストで固定して、パニエ、ドレスを着ると、ドレスのスカート部分を腰でしっかりと支えるようになります。この支えが、後ろに引きずられるようなトレーンの重さを軽減します。軽く感じると共に、ウエスト位置で固定されますから、ドレスを着ていても楽に動くことが可能になります。





6.ボンボンヒップは、脇肉が気にならなくなる



ブライダルインナー、ボンボンヒップ、パニエ、ドレス、この順番で着つけを仕上げていきます。最初のこの手順で、脇肉がはみ出していなければ、その位置からドレスが動きませんので、あとで脇肉が盛り上がることはありません。脇肉が盛り上がった状態は、ひとつの要因だけではありません。ブライダルインナーのサイズ、パットの形、これらが体に合っている事。尚且つ、インナー、パニエ、ドレスの着付けが身体に添っている事。そして、その状態に変化が起きない事。この3段階で起きることの全てが、脇肉が盛り上がる要因です。




7.ボンボンヒップは、ドレスを踏むことが減る



ウエストの位置で、ドレスを止める事で、ドレスがずれたり落ちてきたりしません。プラスの効果として、ドレスが下がるずれる感覚がないので、気になって下を向いてしまう動作が減ります。この事により、通常起こりうるドレスが下がってきて、ドレスのフロント部分をよく踏む行為が軽減されます。




8.ボンボンヒップは、足と腰の疲れが軽減される



ウエストベルト、パット(大中小3種類)にて、ドレスを腰で支えます。ドレスの上身ごろが体にフィットします。ドレスのスカート部分は、すべり止め素材でできたパットのボリューム感により、重さがパットの上で固定され、ずれずに腰で支える事ができます。この2段階(上身ごろ、スカート部分)の各状態により、ドレスが身体に添った全状態が出来上がります。そして、「ドレス姿が安定」します。「ドレス姿が安定」した状態をつくることで、ドレスを軽く感じる事ができます。「ドレス姿が不安定」な状態から、「ドレス姿が安定」の状態にする。この事により、足と腰の疲れが軽減されます。また、ドレスを着ることに慣れていない状態は、気持ちの上でも「不安」「不安定」です。この気持ち「不安」を、「安定」「安心」に変化させることができます。




9.ボンボンヒップは、ドレス補正が減る



ウエストベルト、パットを使うことで「ドレス姿が安定」します。この安定は、サイズの微妙な誤差(ドレスサイズが身体よりも全体で1~2センチ大きい)であっても、安定の状態を短時間であれば、維持することが可能です。前撮り、写真のみなどでドレス着用の場合、少しの補正は必要なくなります。※ドレスを着用時、ブライダルインナーにより、体のサイズは変化します。時間の経過と共にインナーを着けている部分が細くなります。(インナーの機能の問題ではありません)この時点で、体とインナーのサイズが合わずに、インナーがずれてくる状態になります。ブライダルインナーも、2時間毎に着け直しすることをおススメします。









10.ボンボンヒップは、ドレスシルエットの美しさをつくる



大中小3種類のパットをウエストベルトに止めて使うことにより、ウエスト・腰回りの曲線をつくりだす事ができます。本来、ドレスは、美しいドレスシルエットをつくりだすドレスパターンによりつくられています。その美しいパターンに合せた、ボディラインをつくり、ドレスを体に添わせます。そうすることで、ドレスが持つ美しいシルエットが表現されます。現時点では、このボディづくりをするのが、ブライダルインナーとボンボンヒップです。日本人の体形のままでは、ドレスパターンがつくりだした美しいシルエットを表現することは難しいです。ボディづくりが必要です。









11.(追記)ボンボンヒップは、正規商品だけです



特許庁登録、実用新案権。商標登録権。により、模写、模造、複製不可の商品です。




◆ 最後に ◆



ボンボンヒップは、ドレスを着る時に起きてしまう、様々な不安感を引き起こす、やっかいな状況を解決します。開発にあたり、「ドレスがずれない」ことだけに特化して製品化しました。出来あがって現場で使っていただくと、その度に別の効果が生まれてきました。「ドレスがずれない」このひとつのことが、たくさんの「安心」をつくりだすことができました。「ボンボンヒップには購入する価値がある|そう考える10の理由」このすべての理由が、「花嫁の安心」へつながります。「花嫁の安心」が増えることで、あるべき自分の姿のままで、大切な日を過ごす事ができます。これからも、「花嫁の安心」をつくりだす努力を続けて参ります。




これで、結びと致します

今日も、ありがとうございます!



Bon bon hip ボンボンヒップ



CONTACT

BASEinstagramTwitter

FacebookYouTube


実用新案登録第3201341号

商標登録第5856400号


TV東京WBS年間トレたま

特別賞「大江、大浜賞」受賞